学び舎ではたらくスタッフ募集中!➡ こちら

学び舎インタビュー ①:保育士さんに聞いてみた!放課後デイで働く本音とやりがい

「保育士の資格って、どうやって
放課後デイで活かせるの?」

「福祉の経験がなくても、
ちゃんと働けるのかな…?」

今回はそんな疑問に答えるべく、
入社2年目のBさんにインタビュー!

今回のインタビューでは、

・働くきっかけ
・入社前に不安だったこと
・今のやりがい

…などたっぷりお聞きしました!

スタッフの生の声を、
たくさん聞いていってくださいね。

ぜひお仕事選びの参考にしてください。

Bさん(30代・女性)

資格:保育士(10年目)

学び舎歴:2年目

校舎:本校(小中学生向け)

マイブーム:アマゾンプライムで最新映画をチェックすること

Bさん(30代・女性)

資格:保育士(10年目)

学び舎歴:2年目

校舎:本校(小中学生向け)

マイブーム:アマゾンプライムで最新映画をチェックすること

Bさんは大阪出身。親しみやすさと
大阪弁が子どもに人気のスタッフさんです!

ではさっそく、スタートです!

よろしくお願いします!
Bさんが放デイで働く
きっかけはなんでしたか?

よろしくお願いします。

実は、腰痛なんですね。

保育園で腰を痛めてしまって、保育園以外で
子どもと関われる仕事を探していたのが
きっかけです。

なるほど…!

保育園は子どもをだっこしたり、
机を運んだりと大変で…。

お医者さんに
「このままだとヘルニアになってしまうかも」と言われて違う仕事を探していました。

それは大変でしたね。
どうやって放デイを
見つけたんですか?

転職サイトで「保育士」で検索したら、
放デイがヒットしたんです。

なるほど!
ズバリ、学び舎を選んだ理由はなんでしたか?

正直に言っていいですか?笑
家が近かったからですね。

*学び舎は名古屋の中川区にあります。

今後施設が増えていく予定ですが、
中川区が中心になる予定ですね。

「転勤で、他県に引っ越さなきゃ…」
ということがないのは、
学び舎の一つの強みです!

通勤時間は
短いほうがいいですよね。

実際、
働いてみてどうですか?

働きやすいと思いますよ!

シフトの融通が効くのが嬉しいです。
前の職場では「どうしても来れんの?」と
言われたこともあって…。

希望休が取れたり、午前中に病院に行く許可をもらえたりするのが助かっています。

あと、人の意見を否定せず、
まずは肯定してくれる人が多いのが
うれしいですね。

どんな意見でも、
一回受け入れて聞いてくれるので。

支援会議の様子。1番右がBさんです

それは良かったです!
今の仕事を始めるにあたって、不安はなかったですか?

結構ありましたね。

保育園でグレーゾーン(*発達障害の傾向がある)の子と関わったことはあったんですけど、障害を持った子はほぼ受け持ったことが
なくて…。

パニックになった子に対して、
最初はどう声をかければいいか悩みました。

言うことを聞いてくれない子もいて、
不安になったこともあります。

そうなんですね。
どうやってその不安を
乗り越えたんですか?

周りのスタッフの対応の仕方を見て、ですね。

少しずつ慣れていきました。

今もどうやって声をかけるか、どこまで話すかなどで悩む事もあります。

学び舎では支援における不安をなくすため、研修制度を拡大中です!

たとえば…

  • 上場企業リタリコさんの研修動画(50本以上)
  • 月に1回のケース検討会
  • メンター制度の設計

など、業務時間中ムリなくスキルアップできる仕組みづくりを進めています。

たしかに声をかけるタイミングは迷いますよね。
今後も一緒によりよい支援を目指しましょう!

ちなみに、他に不安はなかったですか?

車の運転は不安でした。
もしかすると、支援より車の不安の方が大きかったかもしれないです。

私はふだんあまり運転してなかったですし、誰かを乗せて運転っていうのもほぼ初めてだったんですね。

そうだったんですね!
確かに、「送迎って、うまくできるかな…」と心配される方は多いです。

運転の不安は、その後どうなりましたか?

最近はそんなにありませんね!

日々の練習で少しずつなくなりました。
子どもが来る前(午前中)にみなさんと練習できたのが良かったです。

あとは夏休みにたくさん送迎して
鍛えられました。笑

*車での送迎はちゃんと練習できます!

  • ベテランスタッフに同行
  • スタッフと一緒に練習
  • 地図などじっくり確認

などなどの時間を作りますので、
ご安心ください。

子どもが来所するのは学校の後なので、
練習の時間はたっぷりありますよ。

ほとんどペーパードライバーだった
Bさんも、無事故でしっかり送迎業務を
こなせています。

さまざまな不安があったけれど、うまく乗り越えられたということですね。

では、今の仕事でのやりがいを教えてください!

お母さんたちと話をしていて、お礼を言われたときにやりがいを感じますね。

「こういうことができるようになりました!」などの報告を聞くのがうれしいです。

お母さんたちとは最初は緊張してうまく話せず、気まずい思いもしました。

でも今ではすっかり話せるようになりました!

デイでの様子を伝えると、お家での様子を教えていただけるようになったんですね。

ご家庭と信頼関係もできてきて、
「ついに、ここまできたか!」という感じで
うれしいです。笑

ご家庭に喜んでいただけるのはうれしいですね!
スタッフとして心がけていることはありますか?

頭ごなしに怒らないことですね。
トラブルがあっても、それぞれの子の言い分を聞きながら支援するようにしています。

曜日によって来る子どもが違うので、その日のカラー(*雰囲気のこと)を頭に入れながら対応したいですね。

あと、算数を勉強したいと思っています!
小5,6年生になると、子どもに教えるときに自分が分からない事もあって…。

「ああ、もっと勉強しておけばよかったな」って本当に思うんだなって感じです。笑

*支援の内容について

校舎によって違いますが、
宿題や作業のお手伝いをします。

当施設は塾ではないので、
カンペキにできる必要はありません。
一緒に教科書を見て、
考えてあげる姿勢があれば大丈夫です。

作業は主に見守り中心で、
技術はいらないのでご安心くださいね。

工作活動など、保育士の経験が
活かせる場面も多いので、
その際はお力を貸してください!
(保育士の経験はあってもなくても、
当施設で活躍は可能です)

*Bさんが担当している工作の様子です。
準備が丁寧で、やりやすいと好評ですよ!

ありがとうございます!
とっても素敵ですね。
最後に、学び舎を検討いただいている保育士さんにメッセージをお願いします。

「保育園じゃなくても子どもと関われるよ」と伝えたいですね。

私も児童福祉の資格がないと、こういうところ(放デイ)では働けないと思ってたので。

ここに来るまで、
私も本当に知らなかったんですよ。

「保育園じゃないと働けない」という
固定概念がなくなるといいですね!

学び舎に新しい保育士さんが来てくれるのを
待ってます!

その通りですね。
学び舎で活躍する保育士さんがこれから増えると
嬉しいです!

インタビューはいかがでしたか?

以下のページから求人の詳細を
ご確認いただけます。

ご応募は以下の
「お問い合わせ」フォームからどうぞ。

または、「学び舎のHPを見て、求人に応募したいのですが…」とお電話ください。

あなたのご応募
お待ちしております!

また、応募する前に見学することも
おすすめしております。

見学は以下からお申込みできます。
月曜日から土曜日まで、年中受付をしていますので、お気軽にお問い合わせください。